鉛加工物の有毒性について

鉛化合物は様々な法規制により、その有害性が指摘されています。

鉛化合物は劇物指定されており、廃棄のためには特別な処理が必要となります!

鉛化合物は、中和、加水分解、酸化、還元、稀釈等の方法により、法令の規制対象外の物質(四酸化三鉛、ヒドロオキシ炭酸鉛、硫酸鉛、金属鉛等)に変える必要があります。

・毒物及び劇物取締法第2条の2 ・毒物及び劇物令第2条

鉛化合物は「特別管理産業廃棄物」に指定されています!

鉛を一定量(0.3mg/L)を超えて含有する燃え殻、ばいじん、鉱ざいは、「特別管理産業廃棄物」に指定されています。

・廃棄物の処理及び清掃に関する法令施行令第2条の4 ・廃棄物の処理及び清掃に関する法令施行規則第1条の2

RoHs指令により、鉛を一定量(1000ppm超)含むものはEU諸国へは輸出できません!

鉛の毒性について

  • ・有機化合物を長期間摂取すると体内に蓄積されて毒性を示します。
  • ・中毒症状としては、腹痛・王と・伸筋麻痺・感覚異常症などがあります。
  • ・その他、溶血性貧血、腎臓への影響も引き起こします。

鉛化合物は保管、収集運搬、中間処理、再生、最終処分を行う場合、各規制を受けます!

(1)保管基準
・保管場所の囲い、掲示板の設置
・保管場所からの飛散・流出防止 他

・廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則第8条の13

(2)収集、運搬時の基準
・廃棄物の飛散・流出防止
・収集運搬用施設の設置時の生活環境の保全措置 他

・破棄物の処理及び清掃に関する法律施行令第6条の5第1項第1号

(3)処分又は再生基準
・廃棄物の飛散・流出防止
・人の健康又は生活環境被害の防止 他

・・破棄物の処理及び清掃に関する法律施行令第6条の5第1項第2号

(4)埋立処分基準
・廃棄物の飛散・流出防止
・埋立処分終了後、表土を土砂で覆土 他

・破棄物の処理及び清掃に関する法律施行令第6条の5第1項第3号

鉛化合物を使用した製品は、環境にも人体にも有害であり、多くの規制を受けています。

 

鉛を使わない放射線遮へい物の利用事例

お問合せはこちら

株式会社アルファ技研
078-335-5581
〒650-0033
兵庫県神戸市中央区江戸町95番地
井門神戸ビル
FAX:078-335-5583
お問合せはこちら

このページの先頭へ戻る