Safty 鉛加工物の有毒性について

鉛に代わる素材として、シート状で加工が容易なDfシートがあります。 Dfシートには下記のような特徴があります。
鉛を使わない放射線遮へい材 Df sheet
鉛に代わる環境配慮型、次世代高機能遮へい・遮音材
Dfシートは原子力施設や医療用検査室での利用に最適です。 次世代の高機能遮蔽・遮音材として自信をもっておすすめいたします。

POINT01 産業廃棄物処理が容易です。 POINT04 ゴムのような硬化現象がありません。 POINT07 表面がなめらかで拭き取りが容易です。
POINT02 焼却処理が可能で減容化が図れます。 POINT05 Dfシートの2mm厚の遮蔽能力は鉛2mm当量です。 POINT08 保管が省スペースですみます。
POINT03 柔軟性に富み、細い配管にも巻き付けが可能です。 POINT06 ハサミやナイフが使用でき加工しやすくなっています。 POINT09 90°折り曲げテスト2000回以上で耐えられます。(鉛は25回でクラック発生)

仕様

仕様/品名 寸法 mm 重量
kg
鉛当量
mm
形状 表面
長さ
Df シート 250
300
1000
5000
2 4 2 フレキシブル
シート
拭取
性良
こげ茶

※ご相談に応じて制作可能です。

その他、粒状、紐状の製品も取りそろえております。

仕様/品名 寸法 比重 形状
Df ドロップ
(粒状)
φ2±1l=1~7 鉛同等 粒状 こげ茶
Df コード
(紐状)
φ2±1l=300 鉛同等 紐状 こげ茶

遮へい能力曲線

これまで放射線・電磁波の遮へい材および低周波用遮音材として鉛が使われてきましたが、廃棄物処理が難しく、人体にも有害であるため、世界的に規制の傾向にあります。

このような社会情勢を受けて、鉛に代わるものとして、Dfシート/Dfパネル/Dfドロップ/Dfコードが開発されました。

用途に合わせて形状を選ぶことが出来るので、工業用X線検査機器や医療用機器、医療用検査室での利用に最適です。

 

鉛を使わない放射線遮へい物の利用事例

お問合せはこちら

株式会社アルファ技研
078-335-5581
〒650-0033
兵庫県神戸市中央区江戸町95番地
井門神戸ビル
FAX:078-335-5583
お問合せはこちら

このページの先頭へ戻る